WORKS

風景の舎

兵庫県|加西市

ふるさとの風景と暮らす

市街化調整区域内に建つご実家に隣接する敷地。田園風景の向こうに広がる山並み、この自然豊かな環境を新居の計画地に選ばれたクライアントご夫妻。懐かしい風景の中に建つこの家は、敷地 間口7m余り、奥行30mのとても細長く高低差ある敷地でした。この地の良さを活かしながら、周辺との程よい距離感を模索するところから、家づくりは始まりました。

「視線」「眺望」「採光」「通風」等のそれぞれの要素に配慮し、ご実家側とは繋がりながら、見通しの良い周辺環境に対しては緩やかに閉じる。そして、この地ならではの故郷の風景を豊かに感じることできる住まい。元々、田畑の時にあった敷地高低差をそのまま建物内部へと取込み、奥へと進むごとに床レベルを変化させていくことで、細長い敷地に建つ『風景の舎』の内部空間に様々な表情を持たせています。

遠景に広がるの四季折々の山並みを 何気ない日々の暮らしの中で ゆったりと愉しみながら

時間と共に この場所のふるさとの風景となるように・・・

SNSで共有する
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest

DATA

建築場所 兵庫県加西市
敷地面積 251.56㎡
延床面積 107.91㎡
構造 在来木造2階建て
用途 専用住宅
備考 風景を楽しむ,豊かな自然環境,山並み,市街化調整区域,

PAGE TOP

Studio tanpopo-gumi

一級建築士事務所 兵庫県知事登録 第01A00452号

〒655-0049
兵庫県神戸市垂水区狩口台7-12-11-201

TEL:078-785-3666
FAX:078-785-3696

カンタンお問い合わせフォーム