BLOG

2月1日 子供たちの力で作ったもの

2004.02.01

昨日、住宅の見学帰りに以前製作協力した遊具を見に行った
とても子供たちの力で作ったものとは見えない、立派な遊具だった
『モノの出来栄えよりも、自分達で作った』というその行為・出来事が
なによりのイベント・思い出になったように思う
 
建物も出来上がった形以上に、その工事過程・日常生活での
生活スタイルなど「人とモノが接している時間」も大切だと思う
-古法華自然公園-

PAGE TOP