BLOG

見立ての世界

2019.08.28

迫り出すように、砂紋の中心へ向かって伸びた 石の先端から水が滴っているように見え

落ちた雫の波紋が ふっと こちらの足元まで広がってくる 枯山水の庭の表情。

砂を水に見立て 見る側は、実際には見えないものを見る。

静かに風景に向かっているいると、水音さえも感じるような感覚になるかもしれません。

いつしか そこには ゆったりとした静寂が広がっています。

 

見立ての世界 奥深いです。

 

写真は、竹中大工道具館 休憩室前の庭。

Studio tanpopo-gumi  instagramページはこちら↓

https://www.instagram.com/studiotanpopogumi/

SNSで共有する
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

Studio tanpopo-gumi

一級建築士事務所 兵庫県知事登録 第01A00452号

〒655-0049
兵庫県神戸市垂水区狩口台7-12-11-201

TEL:078-785-3666
FAX:078-785-3696

カンタンお問い合わせフォーム