BLOG

装置

2007.08.04

hgenba.jpg
現場で 施主のご家族とコンセントやスイッチ位置の
確認などの打合せを行いました。
細かな使い勝手等を もう一度 確認しながら、
実際の場所で、話をしていく中、いくつか変更もしました。
何にでも対応出来るようにと思うと、
重装備になりすぎてしまうし、
これで!と決めたいところだけど、
『家』は家族の共同生活の場なので、
それぞれに 思いや 好みが、
必ずあり、決断が難しかったりもする。
その上、子供たちが日々成長している
『子育て世代の家』となると
 「こうだろう・・・・」「これでよし!」と
親が決定するのだから
先の事は・・・となると 本当に悩ましい。
そのご夫妻ごとの『子育て哲学』が形や空間にあらわれてくる。
写真は、リビングから階段室 中庭へと視線が抜ける窓。
実際の空間ボリュームよりも、
より広がりを感じさせる為の装置の一つ。
見えている小さい窓は
子供たちのデスクのあるstudyスペースの窓。

PAGE TOP