BLOG

木の命

2019.06.16

設計図書には、柱や梁などの仕様を記載している部分があるのですが

例えば、節の状態、木目がどのように見える状態かなど

その材が 使われている部分ごとに 細かく指定して記載したりします。

 

写真は、竹中大工道具館での1枚。

大きな木を切り分けて 教科書に書かれているような内容が

すごくわかりやすく展示されていました。

 

改めて、大きく切り出された木を見てみると

何気なく書いている 仕様の一つ一つに責任を感じたりもしながら・・・

長い年月を経て成長した木を使うのですから

大切にされる建築を残していきたいなと思いました。。。。

 

 

 

 

Studio tanpopo-gumi  instagramページはこちら↓

https://www.instagram.com/studiotanpopogumi/

PAGE TOP