BLOG

床板の塗り見本

2007.08.11

H-yukamihon.jpg
昨日現場での打合せで
お客さんを交えながら作成した、無垢の床板の塗り見本。
写真 左側が栗 右側が杉。
それぞれ 自然塗料の各色を塗ったもの。
塗った直後に比べると、また色も違い
朝の光の入る窓際のところに並べて
再度、二人の間でも、イメージの確認。
『昨日の打合せでは、ご夫妻の好みは・・・・』
『最終的に、これとこれが候補で・・・』
『全体のイメージでは・・・』
朝食後 二人であれこれ話していると
うちの小さいスタッフ?たちも サンプルの周りに集合してきました。
家づくりにとても熱心なご夫妻には、
私たちが設計した いくつかの家を見ていただいて
ご夫妻が本当に希望されているイメージの本質をお互いに確認しながら・・・
設計を進めていきました。
シンプルでモダンで少しクールな空間が好みのご主人。
奥様は少し暖かみのあるナチュラルな感じが好み。
大きくは、好みは似ているんだけど、細かな部分では、
ご夫妻でも、互いに好みが 少し違うことがある事を発見しつつ・・・
でも、後半に、見学していただいた住宅で、
子供たちがゴロゴロしているのを眺めながら
楽しそうなのは 柔らかい素材のこれ!
でも、でもやっぱり、床暖房となると長期的なメンテナンス等も考えると・・・
硬めの材質の木。(全体予算とのバランスもあるけど・・・とりあえず・・・)
節は・・・・出来れば ない方が好みかも・・・いや・・あっても・・・etc.。
『質感は杉で・・・見た目や機能性はチークって そんな木はありませんか?』
途中、こんな マニアックな希望がでながら、
最終的に、子供たちの空間は杉。LDKなどでは、国産の栗。
でも、家族しか使わない部屋は針葉樹合板張り。
メリハリで、予算も調整して、ここまで たどりつきました。
形が出来てくると 少しまた違う思いも湧いてきたりして
今 最後の決定まで 少し悩み中・・・のご夫妻。
一つ一つに 本当に思いを込めて 家づくりをされています。

PAGE TOP