BLOG

土地の条件

2017.02.22

敷地の高低差が多い 神戸エリア

造成して平らな敷地をつくる事も方法ですが、

高低差をそのまま建物に取込んで計画とすることも可能です。

 

2mを超える高低差をそのままスキップフロアとして計画した住宅の写真です。

土地の条件を最大限利用した立体的に緩く繋がる住まいの提案です。

 

Studio tanpopo-gumi  Facebookページはこちら

http://www.facebook.com/Studiotanpopogumi

 

 

 

 

 

PAGE TOP