BLOG

マシュ・ケ・ナダ

2006.01.29

打合せ帰りの車の中で
ラジオから『マシュ・ケ・ナダ』が流れる。
この曲にはちょっとした思出があり、その話を坂口にしていた。
『小学生のころに 友達の家に遊びに行って、
勝手に二人で、その子の親の寝室にあるレコードを聞いて遊んでたら、
とにかく、聞いた事が無いような音楽がたくさんあって・・・・
ジャズや洋楽のオシャレなレコードがいっぱいで・・・
その頃、うちにあったレコードといったら、
クラシックか、裕ちゃん・・・・
なんか、その寝室にあったフカフカの大きなベットと
すごいレコードと、ピカピカのプレーヤーのセットの
全部が ちょっとしたカルチャーショックだったのと、
その中でも とにかくどうしても印象に残って
しょうがなかったのが、この「マシュ・ケ・ナダ」
当時の私にとっては、
「なんだ!!この曲は!!!」みたいな 衝撃的な曲で
この曲をきくと、その時のことを どうしても思い出す。』
『ところで これは だれの曲?』
するとラジオから・・・
『セルジオメンデス でした・・・』とタイミング良く流れると
『・・・ラーメンみたいやな!!・・・』
一瞬で思出の話題がふっとんで、
歩きながら食べれるラーメンの
アルキメンデス』の話になってしまった。

PAGE TOP