BLOG

つかず離れず

2009.05.28

 最近プランを考えていて書籍を読書中に1つの言葉が目に入った。
「つかず離れず」 住宅の間取を考えた時、深い言葉だと思う。
各部屋の関係の繋がり、つかず離れずの微妙な関係は大切だと思う。
壁・扉で各室を仕切ることだけでなく、床・天井の高低差、
明るさ暗さなど人が感じる感覚的な要素で部屋を緩く間仕切っていく。
この微妙な距離感を大切にしたいと思う。

PAGE TOP