通り庭の家

築約35年の住宅の再生と耐震改修。

敷地北側には、親世帯の母屋があり、南側の畑に面した離れの場所に、新たに子世帯(ご夫妻)が暮す事は決定していました。
予算を含め、建替か改修を決定する為、それぞれ平行してプランの検討と現地調査を進めながら、両方の案をご提案していきました。
結果、骨組みの構造材がしっかりしており、それらを見せるインテリアも好みであるご夫妻の思や、そこで暮した記憶を未来に受け継ぐ意味もあって、改修+一部増築の工事を選択することになりました。

北側の親世帯の住居と子世帯の住居を心理的に繋ぐ思いを込め『通り庭』=『通り土間』のある家をご提案。大家族でありながら、核家族的な生活スタイルもできるよう、日々の暮しの「緩やかな距離感」に配慮しながら全体のプランニングを行いました。

建築場所 兵庫県多可郡
敷地面積 -
延床面積 163.76㎡(車庫 23.29㎡)
構造 在来木造2階建て
用途 専用住宅
備考 -