二つの奥庭のある家

『掘りごたつでまったりと焼酎を飲みたい』とのキーワードから家づくりが始まりました。

敷地は新しく開発された住宅地の中の変形敷地。建物を配する事により、変形敷地の奥まった部分にできる余白部分を 『見せる庭』として計画。
前面道路から奥庭へ視線の抜ける部分を、内外とも1箇所づつ設けこの家を訪れる人にとって、日々移り変る庭の風景を楽しむ事ができるな計画としている。

床座の居間のある家。

建築場所 兵庫県川西市
敷地面積 100.37㎡
延床面積 106.11㎡(車庫 12.76㎡)
構造 在来木造2階建て
用途 専用住宅
備考 -