森を包む家

長野県、浅間山を望む景勝地である軽井沢の別荘計画。恵まれた周辺環境を生かす為、また、自然生息する樹木をなるべく残すよう建物形状・配置計画を進めました。建物は敷地を大きく取り囲むような変形の開いたコの字の形状とし、周囲の環境との関り方を区別できるような建物形状としています。

外周部分へは『景色を眺める』、内周部分は『庭を取込む』

朝靄・新緑・紅葉・雪景色・・・四季折々の様々な自然の彩り・表情をゆったりと愉しむことができるように・・・

建築場所 長野県北佐久郡軽井沢町
敷地面積 1,213.86㎡(367.19坪)
延床面積 222.93㎡(67.43坪)
構造 在来木造 2階建て
用途 専用住宅
備考 別荘