縁の家

軒のある日本的な建物で、掘りごたつのある生活がしたい・・・そんなキーワードをいただきながら、土地探しからスタートした家づくりでした。

既存の石積みを残し、周囲の街並み環境に配慮しながら、建物の計画を進めました。

日本的な内と外をゆるく繋ぐ「軒」を設けた建物は、庭との境界を曖昧にし、四季折々の風景を感じながら生活できます。

また、伝統的な格子により内部への視線の操作はもちろん、柔らかな光を街並みにも届けています。

建築場所 大阪府吹田市
敷地面積 221.21㎡
延床面積 115.77㎡
構造 在来木造2階建て
用途 専用住宅
備考 -