芦屋の家

「終の住処(棲家)」というキーワードが、家づくりのテーマの一つでもありました。

ご夫妻それぞれの趣味の時間、愛犬との暮らし、また、今までに確立されてきた収納のスタイルや家事のスタイルなど
ご夫妻らしい暮らしのスタイルをできるだけ形にしながら、永く住まえる家となるように配慮しながら設計を進めました。

日常の暮らしの中にありながら、家で過ごす時間そのものを楽しむ為の家。
建て込んだ周囲に関係なく光りや風、庭の緑が楽しめる空間構成とし、家事の時間を短縮できるような工夫も盛り込んでいます。

建築場所 兵庫県芦屋市
敷地面積 129.60㎡
延床面積 130.19㎡
構造 重量鉄骨造2階建て
用途 専用住宅
備考 -